8月から東京のシェアハウスに移住して新生活をはじめます!僕が東京のシェアハウスに移住する理由や目的・今後の目標を書いてみた。

ぶっちー(@butti15)です。
2015年8月から実家のある福岡を離れて、東京で新生活をはじめることにしました!


以前、このような記事を書いて岐阜県羽島市に3週間ほど滞在しました。

前回の滞在は完全に準備不足の状態で行ったので、滞在先の選択や費用面で完全に失敗
具体的な目標も掲げず出発したのがまずく、ただただ放浪する旅に終わってしまいました。

今回の移住もその延長線ですが、岐阜滞在で出た問題点を洗い出し、具体的な目標を掲げて出発しました。

なぜわざわざ住みやすい福岡から東京へ移住するのか!?
そして東京へ移住して、やりたいことは何か!?
今後の目標など、僕が実際に東京へ移住する!と決断したプロセスについて書いてみますね。

スポンサードリンク

全てのモノが揃っている「余剰状態」の生活から、必要十分なモノだけで暮らす「ミニマムライフ」へ移行したい!

まずは、何故実家を離れるのか!?
この点についてから説明しましょう。

2014年8月。
その当時、東京へ移住して税理士になる!との目標を掲げていた僕ですが、無理な仕事が続き体調を崩してしまい、泣く泣く実家のある福岡へ帰りました。
【ご報告】福岡に引っ越しました。

2年半の仕事生活で疲労困憊になっていた僕は、衣食住全てが揃ってる実家暮らしに涙が出るほど感動しました。

実家ってこんなに快適だったのか。

実家のありがたみがわかり、今まで以上に両親に感謝しました。

ただ、実家に滞在していると衣食住全てが揃っています。
いい方が悪くなりますが、実家にいればしばらく飢えることがありません。

食事は作ってくれるし、住む場所に困らない。
(もちろん両親に感謝してますし、ある程度の生活費は渡してました。)

何もしなくても生きていける。

ぬるま湯の状態です。
特に、僕はエニアグラムで例えると「タイプ6-安全を求める人」の割合が強い。
ステートが低い状態だと引きこもって何もしなくなってしまいます。

引きこもりになってしまったのにエニアグラムを引っ張り出したのは、単なるいい訳に聞こえても仕方がありません。
実家に引きこもることを選択したのは、まぎれもなく自分です。

けど、このまま実家に居続けてもぬるま湯に浸って何もしなくなってしまうのは目に見えてました。

写真は僕の実家の部屋ですが、見事にモノが溢れかえってます。
これでもかなり減らした方ですが、まだまだ減らせるはず。

全てのモノが揃ってる「余剰状態」の生活から、必要十分なモノだけで暮らす「ミニマムライフ」へ移行したい!
もういちど自分の力で生計を立てたい!と思い、実家を出ることにしました。

なぜ東京に移住するのか!?

単に東京にいちど住んでみたかったことと、今現在の状況での移住先は東京がベストだと判断したからです。

「ミニマムライフ」で快適な生活を送るには、できるだけモノを持たず、必要十分なモノだけで暮らす必要があります。
現時点でミニマムライフを送る上で最適な場所は「シェアハウス」。

シェアハウスだと家具家電が揃っており、敷金礼金などの初期費用がかからず、スーツケース1つだけで気軽に入居することができます。
さらに、賃貸借期間も1ヶ月からのシェアハウスもあり、住む場所に縛られない生活を送るには最適な場所です。
環境が合わなければすぐに別のシェアハウスへ引っ越すことができます。

福岡にもシェアハウスがありますが、まだまだ数が少なくどこも満室(^_^;)
必然的に東京のシェアハウスに住もう!という形に落ち着きました。

東京と言っても、厳密には神奈川か千葉あたりのシェアハウスになりそうです。
条件に合うシェアハウスの内覧を申し込んでおりますが、まだ住居は決まっておりません(笑)
シェアハウスの選び方については、また別記事にて書こうと思います。

東京に行って何をするのか!?

これがいちばん難しいです。
住み方の多様性が広がった今の時代、東京に移住するハードルはかなり下がりました。
ある程度の貯蓄があれば誰でも簡単に移住することができます。

移住するのは簡単ですが、生活を維持するのはとても難しいです。
地方に比べて物価がものすごく高いですし。

目的を持って移住しないと必ず失敗してしまいます!

僕の目的はこちら。

  • ブログを核にして、さまざまな複収入源を得られるようにする(目標:月10万以上)
  • イベントの主催者になって運営能力を身につける
  • 東京を拠点にさまざまな場所を旅してみる
  • 2016年度中にバイクで日本一周旅行に行くための資金を貯める(目標:60万以上)
  • 日本一周旅行用のバイクを購入する
  • シェアハウスに住んでミニマムライフを実践する。ノウハウをどんどん公開する
  • 社会復帰して働きながら今の僕に足りないスキルを身につける(経理や接客や営業など)
  • 東京五輪までに英語で東京観光案内をでかるようになる

いずれも、別に東京に移住しなくてもできる内容です。
ただ、今の僕の状態であれば、生活費がかかってでも東京で活動した方がレバレッジがかかって前に進むスピードが速くなると考えています。

わざわざ東京に消耗されに行くの!?と言われても仕方がありません(笑)
けど、僕が東京に移住してみたい!と以前から考えていたことを今回は実行してみただけ。

例え目的が叶わず失敗しても、相手に迷惑がかかる訳ではありません。
(仕事を無断でトンズラしたりすればそりゃ迷惑かけてしまい信用も失墜しますが・・・w)

あとがき

簡単にですが、僕が東京へ移住する理由を書いてみました。
今回の移住は、目標や目的が今まで以上にはっきりしてるので面白い生活が待ってそうです。
もちろん上手くいかないこともたくさん出てくるでしょう。

まだ住居も仕事も決まっていない状態ですが、ただいまサンライズ出雲に乗って東京へ向かっております。
波乱万丈な日々が待っているのは間違いない。

ただ、実家に引きこもっていた頃の生活よりはるかに刺激のある日々が待ってそうです。

このブログを通じて、僕が成長したことや感じたこと、そして今いちばんの目標である日本一周旅行について。
プロセスや結果についてどんどん発信していきたいと思います。

温かく見守っていただけると嬉しいです。
今後ともブログ「Re:Start!」並びにぶっちー(@butti15)をどうぞ、よろしくお願いします。

コメントを残す