3日間の湘南WSを参加して。「愛」に蓋をしている状態からの再出発。「ぶっちー」の癒やしと承認と愛を受け入れる旅のはじまり。【ぶっちーの日常】

ぶっちー(@butti15)です。

2018/07/02のぶっちーの日常。

昨日まで3日間、湘南国際村にて3日間のWS
岡部明美・大塚彩子・立花岳志 湘南3daysワークショップ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」
に参加してきました。

1日目の簡単な振り返りはこちら。

ここ最近の違和感の正体が少しわかったかも。「休むこと=悪いこと」という囚われから解放したい!【ぶっちーの日常】

3日間のWS終了直前に撮った写真。

やりきった感が伝わって疲れた表情ですが、とても表情がいいですね(*^^*)

3日間で起きた感想や気付きを表すのはちょっと難しいので、この3日間を受けて感じたことや次のネクストステージについて簡単に書いてみますね。

いつの間にか「愛」という感情を受けないように生きていた自分がいた


この3日間で受けた大きな気付き。

「愛」の先と言うか、「愛」と共に次のネクストステージが待っている。

生まれた頃は間違いなく両親から愛を受けて育ってきた。

それは絶対に間違いない。

 

けど、たぶん妹が生まれてから、

その4年後に弟が生まれてから、

阪神大震災と鹿児島で地震に遭ったことがきっかけで祖父母が福岡に行ってから、

一時的に一家離散状態になって福岡に行ってから、

いじめにあってから、

はじめて好きな人ができたのに転校しないといけなくなって連絡が取れなくなってから、

転校してさらにいじめにあってから、

罪悪感が原因で夢を諦めてから、

自分も相手も信頼できなくなって失恋してから、

etc・・・・・・・。


どんどんどんどん愛に蓋をしてしまってる自分がいた。

愛を受け取れないし感じられない。

パートナーがいればいいなーって感情は湧き上がってるのに、自分に好きな人なんてできちゃだめだと思いこんでいる。

ブログに恋人募集すればいいじゃん!って言われても、いやいやいやいや、そんなの無理!!って状態(笑)

 

3日間のWSでも「自分だけが全てを背負って頑張っている状態で、本当のことを言えない」というテーマに関しては号泣しているにも関わらず、

「愛」のテーマに対してはめちゃくちゃ共感するのに感情が蓋をして涙すら出てこない。

なんなんだ!この差は!!

って状態(笑)


この記事書いてるときでも頭の中がもやもやもやもやして、何なんだろうって状態。

この状態はここ最近燃え尽き状態になった状態の感情。

軽い燃え尽き状態に陥った一週間。久々のブログ更新!【ぶっちーの日常】

日々愛を感じないために生きようとするためにはそりゃ仕事に逃げちゃうよね(笑)

頑張りすぎて疲れちゃうよね。

ひとりで全てを背負ってがむしゃらに頑張ってたけど、そんなエンジンで動いてももう無理です。

限界です。
 
 

愛の感情を取り戻したい!!

自分だって、愛を感じてもいいじゃん!!

スポンサードリンク

「ぶっちー」の癒やしと承認と愛を受け入れる旅のはじまり。

湘南WSに参加して、これだけは絶対にやりたい!!ってことがふと浮かんできた。

自分が生まれた場所から今まで住んでいた場所とか学校とか職場に全部行ってみたい!

その場所に実際に行って、あのときどう思ってたのか、どう感じてたのか、言えなかったことがあったのか、今言うとしたらどんなことを言うのか。

未完了の思いとか気持ちとかを振り返りたいし知りたくなったし、すべてを感じてみたい。

これから多分個人セッション受けたりLPLに行くことになると思うんだけど、その前に自分で味わってみたい。

そんなことがふと浮かんできた。

このアイデアが浮かんできたきっかけは、お友達のちかちゃん(外山周さん)のこちらの記事。

この記事を当時読んだときはあまりピンとこなかったし、ちかちゃんが最近米国に行ったときには「あっ!カンパ送るの忘れてた!」みたいな状態でしたが(笑)

僕もビリーフリセットの旅に出かけたくなりました。

幸いなことに、僕はつい最近まで海外に行ったことがなかったので生まれた場所まで新幹線であーっと言う間に行けます。

しかもなんと!再来週にオールスターを観戦しに生まれ故郷の大阪に行く予定が!!

さっそく再来週、1歳から10歳まで大阪に住んでいた場所に行ってみます。

その前に2年半住んでいた愛知にも行く予定がありますが、やはり生まれた場所から順番に回っていくのがいいなーって思ったので、まずは大阪から。

今だったらどんなことを感じるんだろう。どきどき。

あとがき

今回の湘南WSは受けるべきして参加したのは間違いありません。

これは神の領域。

今回の参加者の仲間が1人でも欠けるわけにはいかなかった。

集まるべくして集まった。

まさにそんな3日間でした。

講師のあけみちゃんにたっちーに彩ちゃんをはじめ、3日間共にした仲間のみんなには感謝の言葉しか出てきません。

本当にありがとうございました。

そして、特に湘南WSに行くことの背中を押してくれた健介さん!

健介さんが押してくれたおかげで新たなステージに進むことができました。

本当にありがとう!!

個人的な記事になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、今回はこの辺で。

「ぶっちー」の癒やしと承認と愛を受け入れる旅のはじまり。

コメントを残す