au 新料金プラン「POVO(ポヴォ)」乗換えのメリット・デメリットまとめ。月20GB+通話なし月2,480円から!

2021/01/13(水)

auからオンライン申込み限定の新プラン「POVO(ポヴォ)」が発表されました。

月20GBで2,480円と、大手3社の中で最安。

5分間通話し放題が入ってない分最安ですが、トッピングとして追加することも可能。

僕は2013年から7年間auを使ってたので、auの新プラン発表を心待ちにしてました。

正直言って、いま契約してる5Gプランの通信料があまりにも高いんですよね。

5Gの対応エリアがほとんど整備されていないのにも関わらず、通信料だけで月8,650円(割引前)はさすがに高い!

「POVO」なら月20GBで2,480円からと、2021年1月現在の5Gプランと比べて6千円以上も安くなります。

6千円以上安くなるなら乗換えたい!

けど格安プランってデメリットもあるよね・・・!?

ってことで今回は、auの5Gプランから「POVO」へ乗換えをした際のメリット・デメリットをまとめてみます。

POVO先行キャンペーン開催中!
2021/02/01〜POVO開始前日までの間、

することにより、au PAY 残高3,000円分がプレゼントされます!

au 新料金プラン「POVO(ポヴォ)」の特徴

au 新料金プラン「POVO(ポヴォ)」の特徴をざっくりまとめてみます。

以下、金額表記はすべて税抜きとなります。

新料金プラン「POVO」の特徴
  • データ量月20GB・2,480円(税抜)と大手3社の中で最安
  • 国内通話:20円/30秒
  • 追加トッピングが豊富
    • 5分以内通話かけ放題:月500円
    • 通話かけ放題:月1,500円
    • 24時間データ使い放題:200円/24時間
    • データ追加1GB:500円
  • au 4G LTEエリアで利用可能(2021年夏から5Gも対応予定)
  • テザリング:無料
  • eSIMに対応予定
  • キャリアメール(@ezweb.~)利用不可
  • 申込み・サポートはオンラインのみ。電話・店頭受付一切なし
  • auの「スマートバリュー」「家族割プラス」には加入不可

au5Gプランから「POVO」への乗換えメリット

その1.通信料が安くなる

POVOへ加入すると20GBを月2,480円から利用できますが、2021年3月より従来のau5Gプランも2千円以上安くなります。

3月からどれほど通信料が安くなるか。

新au5GプランとPOVOの料金を比べてみます。

1人家族割の加入人数POVO
2人3人以上
割引前データ料金6,580円2,480円
家族割プラスなし-500円-1,000円なし
auスマートバリュー-1000円なし
auPAY支払い-100円なし
割引適用後5,480円〜4,980円〜4,480円〜2,480円〜

auスマートバリューに加入し、かつ家族割プラスの加入人数が3人以上だと料金差は2千円となります。

1年あたり24,000円、2年だと48,000円の差。

僕の場合はauスマートバリューに加入してるが家族割なしなので、料金差は3千円。

なかなか大きいですね。

auスマートバリューに加入していない場合は、料金差がもっと大きくなります。

その2.テザリングが無料

かつてauでは、テザリングが月額500円の有料オプションでした。

その流れでpovoではトッピングとして追加料金取られるかと思いきや、テザリングは無料でできるようです。

他社の格安プランでもテザリングは無料なので、足並みを揃えてくれてありがたいです。

その3.追加トッピングが豊富

POVOの基本プランの中には、他社のような5分間通話し放題が含まれておりません。

トッピングとして月500円を支払うことによって、5分間の通話し放題をつけることができます。

必要な人が必要なぶんだけチョイスできるのは嬉しいですね。

POVO追加トッピング
  • 5分以内通話かけ放題:月500円
  • 通話かけ放題:月1,500円
  • 24時間データ使い放題:200円/24時間
  • データ追加1GB:500円

旅行などの外出先や、大容量のテザリングをする場合に24時間データ使い放題をチョイスする、という使い方ができそうです。

その4.eSIMに対応予定

eSIM(イーシム)とは、スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMです。

POVOに申し込んでからSIMカードを届くまで待つ必要がなく、煩わしいSIMカードの抜き差しも不要になります。

2021年1月現在eSIMに対応してるのは、楽天モバイルとIIJmioのみ。

どのような流れになるのか現時点では不明ですが、手続きが簡略化できるのは嬉しいですね。

その5.au 4G LTEエリアで利用可能(2021年夏から5Gも対応予定)

MVNOの間借りした回線とは違い、通信品質は従来のauプランと同等とのこと。

5G対応は2021年夏まで待つ必要がありますが、そもそも5G対応エリアがほとんどない状況なのであまり影響はなさそうです。

au5Gプランから「POVO」への乗換えデメリット

その1.端末とのセット販売がない

POVOだと(契約縛りがある)端末とのセット販売がありません。

POVOを申し込む際はSIMフリー端末を自分で用意するか、auで端末を一括で購入する必要がります。

要するに、従来のauプランで使えたかえトクプログラムのような残価設定型のローンを組んでPOVOに申し込むことができない、とのことです。

  • かえとくプログラムを組んで端末料金を払ってる方が、POVOに移行できるのか?
  • 移行できたとしたら残りの端末代金はどうなるのか?

など、いろいろ疑問が湧いてきますが、2021年1月時点ではあいまいでよくわかりません。

このデメリットがどうなるかは実際にPOVOがスタートしないとわかりませんね。

その2.キャリアメール(@ezweb)利用不可

auユーザーが使える@ezweb〜のキャリアメールは利用することができません。

今はLINEやGmailなどがあるのであまり大きなデメリットではないですがね。

それでもキャリアメールを使ってた方は、POVOに移行する前にアドレス変更などの手間が生じます。

その3.申込み・サポートはオンラインのみ。電話・店頭受付一切なし

auショップやauお客様センター(157)での申込み・サポートなどは一切利用することができません。

新規契約を含む各種手続きやサポートは全てオンラインで完結できるののはメリットでもありますが、気軽にサポートを受けることができないのはデメリットでもあります。

サポートにかかる人件費などを削減したことによって、POVOの料金プランができたという側面を知っておく必要があります。

その4.家族割・auスマートバリューが適用されない

POVOユーザはau従来プランの家族割には入れず、家族割の人数にもカウントされません。

家族割の人数が減ることにより、他の家族分の通信料が割高になってしまう点に注意が必要です。

ただし、ドコモの「ahamo」が家族割の人数にカウントするとの方針を固めていますので、auも追従する可能性はあります。

POVO先行キャンペーン開催中!POVO開始前日までのエントリーでau PAY3,000円残高相当がもらえる!

2021/02/01(月)16時〜POVO開始前日までの間、

することにより、au PAY 残高3,000円分がプレゼントされます!

エントリー方法はとても簡単。

POVO先行エントリーページへアクセスし、「携帯番号」と「メールアドレス」の入力をするだけでエントリーは完了されます。

先行エントリーをしたけどPOVOを契約しない場合、エントリーの取り消し操作は必要なく、自動的に取り消されます。

POVOサービス開始後に申し込んだ場合、au PAY3,000円分は貰えません。

今だけのキャンペーンなので、POVOに乗り換えようか迷っている方は、とりあえず先行エントリーをすることをオススメします!

まとめ。月20GB以下で通話なしならPOVOへの乗換えをおすすめ

au5Gプランから「POVO」への乗換えをした際のメリット・デメリットをまとめてみました。

家族割にもauスマートバリューにも入っておらず、月20GB以下の通信量で通話も少ない場合はPOVOへの乗換えをおすすめします。

単身世帯におすすめのプランですね。

僕自身はというと、家族割に入っておらず、月の通信量も10GB前後。

通話もほとんどしないので、まさに自分にぴったりなプラン。

POVOがスタートしたら、実際に乗り換えた感想をまたブログに書きますね。

では、今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です