冬の小樽運河の幻想的なライトアップが美しい+小樽ビールを堪能♪【日本一周鉄道旅行記その13】

日本一周鉄道旅行記その13。
前回の記事はこちら。

根室からオホーツク海の朝焼けを眺めつつ小樽まで2日間かけて移動!【日本一周鉄道旅行記その12】

2015.08.10

【随時更新中!】2014年〜2015年 日本一周鉄道旅行記まとめ!寝台特急北斗星・北海道の雄大な景色・リゾートしらかみなどはじめて尽くしの旅!

2015.08.10

IMG_8155

知床斜里から1日かけて小樽に移動したあとは、「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」というゲストハウスチェックイン。

チェックインした後は、小樽といえばここ!という場所に出歩きました♪
スポンサードリンク

真冬の小樽運河をぶらりお散歩♪

DSC07621
ゲストハウスがある南小樽から、堺町通りを通って小樽運河までぶらりお散歩。

IMG_8156
お散歩と言っても1m以上雪が積もってるので、歩くのは凄く危険w
2回ぐらい思いっきり転倒しました(^_^;)

DSC07623
小樽もまったく下調べせずに訪れたけど、ライトアップがキレイでいい感じ。

DSC07630

途中に六花亭があったので、バターサンドとコーヒーを頂きました♪

小樽運河
途中で滑って転倒しながらも、小樽運河に到着!

小樽運河
つららが凄いことになってる!
冬の小樽運河もいいね♪
雪景色のライトアップはとても幻想的で美しい。

小樽運河
夜のライトアップがすごくきれいなので、小樽で宿を確保して夜に訪れるのをオススメします♪


「小樽倉庫NO.1」で小樽ビールを堪能!

小樽での食事をどこにするか悩みましたが、ビールがすごく飲みたかったのでビアホールに行くことに。

小樽倉庫NO.1
小樽運河沿いにある「小樽倉庫NO.1」というビアホールにお邪魔しました♪


小樽倉庫NO.1
たくさんの人が店内にいたので写真がありませんが、開放感あふれる店内。
1人なので、カウンター席に陣取ります。


小樽ビールの定番はピルスナー、ドルケル、ヴァイスの3種類。
他にも色んなビールが楽しめます。


おつまみも充実。


まずはピルスナーで1杯( 0w0)ノ ウェーイ
めっちゃスッキリして美味しい♪


サーモンの燻製をつまみにしてひたすら飲む。


ソーセージの盛り合わせ!
パリッとしてすごく美味しい♪


ビールがどんどん進む♪
コクがあるドルケルもすごく飲みやすかった!

もっと飲みたかったが雪道で酔っ払って転倒
するのが怖いので早々に退散w

3千円いかなかったのでリーズナブルなお店でした。

今度は小樽でお寿司を堪能したいな。


ほろ酔い気分でゲストハウスに戻って、韓国人の女の子と喋って就寝。
気がつけば次の日で北海道ラストです。

次回予告

DSC07732

いよいよ北海道も最終日!
小樽から函館に移動して日本三大夜景のひとつである函館山へ!!

次回の記事はこちら!

函館山の夜景を見るなら夕暮れの時間帯に行くのがオススメ!ロープウェイの混雑を回避できるぞ!日本三大夜景を制覇!【日本一周鉄道旅行記その14】

2015.08.13

【随時更新中!】2014年〜2015年 日本一周鉄道旅行記まとめ!寝台特急北斗星・北海道の雄大な景色・リゾートしらかみなどはじめて尽くしの旅!

2015.08.10

日本一周鉄道旅行記は通常更新と並行して旅行記事を配信する予定です。
更新情報を知りたい方はfeedlyを使ってみると便利!

この機会に是非登録をお願いします。
下のボタンを押すだけで登録できますよー!
follow us in feedly

では、今回はこの辺で!

コメントを残す