【HDMI+USB3.0対応】MacBook Pro2016/2017用のUSB Type-Cハブを購入! これ1つで失われたポートが復活したぞ!【Sicotool Type C adapter hub】


先日、念願のMacBook Proを購入しました。

MacBook Pro2017 15インチTouch Barモデルを購入!MacBook Airから乗り換え→Retinaディスプレイに感動!!

2017.11.14

MacBook AirからProに変えて爆速&Retinaディスプレイにめちゃくちゃ感動したのだが、ひとつ問題点が。


MacBook Pro2016から、外部入力端子がすべてUSB Type-Cとなってしまい、今までのUSBケーブルやThunderbolt2のアダプターが使えなくなってしまった。


Appleの純正変換アダプターやサードパーティ制の変換アダプターを使えば今まで通り使えるのだが、いちいち変換アダプターを持ち歩くのが面倒。


ってことで、HDMIとUSB3.0に対応したハブを購入することに。


Amazonで色々探しましたが、SicotoolのUSBハブが2017/11/13日現在で7,999円と、他のUSBハブよりやすかったのでこちらを購入。


3日間ほど使ってみましたが、USBハブ特有のグラつきもなく、なかなかいいですよー!
スポンサードリンク

【Sicotool Type C adapter hub】HDMI+USB3.0対応!MacBook Proの失われたポート復活!


さっそく開封してみましょう。


SicotoolのUSBハブのポートはこんな感じ。

・Thunderbolt 3: 5k@60Hzビデオ、40Gb/sデータ速度 、パススルー充電

・4k HDMIビデオ出力: 4k@30Hz

・USB 3.0ポートx2: 5Gb/sデータ速度

・USB-Cポート: 5Gb/sデータ速度(非Thunderbolt3)

・SD/Microカードリーダー:104MB/s  


Thunderbolt3に対応しているのがいいですねー。

今はThunderbolt3に対応している機器は持ってませんが、いずれは4kモニターを導入する際に使えそう。


中身はハブと取扱説明書のみ。




外観はいい感じ。
MacBook Proのスペースグレイと完全にマッチしてます。


裏面は技適マークみたいなのが。
左右両方のポートに差し込むことができますが、右のポートに差し込む際はマークが見えてしまいます。



MacBook Pro2017 スペースグレイに挿してみます。

はじめは挿し方が甘かったのでケーブルが認識しませんでしたが、さらに奥にカチッとなるまで押し込めばOK。

USB2-TypeCの2ポートを使って差し込むタイプなので、グラつきもなく安定感があります。


各種ケーブルを挿した状態。

一番上がHDMIケーブル(モニター)。

左上からThunderbolt3対応USB-C、USB3.0×2、USB-C(Thunderbolt非対応)、SDカードリーダー。

ごちゃごちゃしたケーブル類をひとつのポートにまとめることができてスッキリ!


自分の使い方としては、基本的に自宅用で据え置きに使うことを想定してます。


外出する際は持っていかない予定。

MacBook Airに比べると重量が増えてしまったので、できるだけ荷物を減らしたいというのもありますねー。

まとめ


MacBook Pro2016からThunderbolt3/USB Type-Cのみとなった。


従来の機器を使い続けた身としては、変換アダプターやUSBハブを買う必要があるので不便なのだが、これを機に周辺機器も買い直すことに。

外付けHDDもUSB Type-C対応のものに、有線マウスをBluetoothマウスに変更。


それでも、やはり従来のUSB3.0やHDMIケーブルが使えるハブが1つあると超便利!


SDカードも挿せるので、カメラのデータのやり取りも便利。


いやー買って大満足!


HDMIポートもあるSicotool Type C adapter hub、おすすめです!


では、今回はこの辺で。


今回買ったUSB Type-Cハブはこちら!

コメントを残す