【アドレスV125S】125cc原付二種で伊勢神宮から伊勢湾フェリーに乗って東京まで下道長距離ツーリングの旅!

鳥羽展望台

2017年9月、東京から伊勢神宮までアドレスV125Sという原付二種バイクで長距離ツーリングに行ってきました。

前回の記事はこちら。

伊勢神宮 内宮【アドレスV125S】125cc原付二種で東京から伊勢神宮まで下道長距離ツーリングの旅 名古屋〜伊勢神宮参拝編!

伊勢湾フェリー

2017/09/25(月)

メインイベントである伊勢神宮参拝も無事に済ませたので、あとは東京へ帰るだけ。

さすがに行きみたいに14時間ぶっ通しで運転は無理なので、伊勢湾フェリーに乗ってショートカットすることにしました。

伊勢湾フェリーを使って伊良湖経由で浜名湖までショートカット!

伊勢湾フェリー

伊勢神宮から浜松方面に行く場合、国道23号をひたすらぐるっと回る必要がありますが、伊勢湾フェリーを使うと鳥羽〜伊良湖までフェリーでショートカットすることができます。

鳥羽港から伊良湖までの所要時間は約55分。

原付二種の場合は片道3,200円で乗ることができます。

伊勢湾フェリー

伊勢湾フェリーのショートカットはすごく便利。

伊勢神宮から浜名湖手前にある「道の駅潮見坂」まで行く場合、国道23号をひたすら進むと約200km走行で4時間20分ほどかかりますが・・・

伊勢湾フェリー経由だと2時間50分ほど。

そのうち55分はフェリーの中でくつろぐことができるので、実際の走行時間は約2時間。

休憩できる上に船旅を楽しめてまさに一石二鳥!

鳥羽展望台

フェリーの乗船時間までまだ余裕があったので、鳥羽展望台によりみち。

鳥羽展望台

鳥羽展望台

いやー気持ちいい(*^^*)

伊勢湾フェリー

鳥羽港まで戻り、伊勢湾フェリーの乗船手続きをします。

13時40分発の便を手配。

二輪車の予約はできないので注意。

伊勢湾フェリー

甲板に二輪車を固定してもらいます。

作業員の方にやってもらうので安心(*^^*)

伊勢湾フェリー 船内

伊勢湾フェリー 船内

伊勢湾フェリー 船内

船内はいたって普通ですが、座席数はかなり多くて広々としてますね。

伊勢湾フェリー

船旅といえばやはりデッキで景色を眺めるのが定番!

快晴で海も穏やかで気持ちいい!!

伊勢湾フェリー

鳥羽港を出発してどんどん離れていきます。

これから運転しなければビール飲みたいところw

伊勢湾フェリー 特別室

特別室があったので利用してみることに。

2017年当時は330円ですが、現在は400円とのこと。

伊勢湾フェリー 特別室

伊勢湾フェリー 特別室

伊勢湾フェリー 特別室

伊良湖から東京までほぼ無計画だったので、ツーリングマップルを見ながら帰りのルートを確認。

静岡あたりまで頑張って走ってホテルで1泊することに。

伊勢湾フェリー

1時間ほどの船旅はあっという間。

無事に伊良湖港に到着。(14:35)

仮眠を取って元気も回復(*^^*)

ここから後半戦のはじまりです。

静岡・焼津で1泊!地元の居酒屋で日本酒を堪能!

目的地に設定した「道の駅潮見坂」までは1時間ほど。

国道42号は交通量も少なくて快適!

道の駅潮見坂

道の駅潮見坂に到着。(15:50)

原付二種は浜名バイパスを通れないので、裏側に回る必要があります。

道の駅潮見坂

三ケ日みかんのフローズンを食べてリフレッシュ。

道の駅潮見坂

すごく気持ちいい天気。

浜名バイパスはお気に入りのドライブルートだが、残念ながら原付二種は通れないので迂回します。

原付二種だと県道417号から国道301号を通って浜松バイパスまで迂回することができます。

弁天島も景色がきれいなので楽しいルートですね。

弁天島

弁天島からみた浜名大橋。

弁天島

ちょうど新幹線が通過したところをパシャリ。

浜松バイパス

浜松バイパス・中田島砂丘入口交差点を通過。(16:40)

ここから写真を撮ることなく一気にギアをあげます。

原付二種は藤枝バイパスを通れないので、途中の野田インター交差点から再び迂回。

島田蓬莱の湯

島田蓬莱の湯でリフレッシュ。(17:40)

ちょうど月曜日の夕ラッシュにかぶったので、グーグルマップの裏道を駆使して焼津まで走行。

焼津駅前にある「ホテルシーラックパル焼津」で1泊。

ホテルシーラックパル焼津

1泊朝食付きで5,280円。

バイク駐輪も無料ですごくリーズナブルでした。

前日からの走行距離は約600kmほど。

1日でここまで走ったのははじめて。

疲れたけど充実感でいっぱいです。

港町 岡むら いきち

夕食は焼津駅前にある「港町 岡むら いきち」で1杯。

港町 岡むら いきち

焼津漁港直送のお刺身が新鮮で美味しい!!

港町 岡むら いきち

磯自慢

焼き鳥に焼津の地酒・磯自慢が美味しすぎて最高なひとときでした。

静清バイパスの迂回は国道150号がオススメ!海岸線の快走路をひた走り三保の松原へ!

2017/09/26(火)。

旅2日目はあとは東京に帰るだけ。

そのまま帰っても行きとルートがかぶってつまらないので、色々よりみちして帰ることに。

国道150号

まずは三保の松原を目指して走行。

国道1号静清バイパスの一部区間は原付二種で通れないので国道150号経由で迂回したんですが、この国道150号が思った以上の快走路!

国道150号

交通量も少ない上に海沿いの道が続いて気持ちいい!

ツーリングにはもってこいのルート。

三保の松原

三保の松原に到着。(9:30)

三保の松原

三保の松原

三保の松原

残念ながら富士山は見えなかったが、人も少なくて気持ちいい海岸でした(*^^*)

原付二種だと藤枝バイパスと静清バイパスの一部区間が通れないので、野田インターから県道と国道150号経由で迂回するのがオススメ。

時間が少しかかりますが、昼間だと海岸沿いの道も走れるので気持ちいいですね。

富士から山中湖・道志みち経由で東京へ!

ここまで来ると国道1号→246御殿場経由で東京まであっという間ですが、行きとルートがかぶるので道志みちで帰ることに。

道の駅すばしり

国道1号→県道24号→国道469号富士サファリパーク経由で道の駅すばしりへ。(11:45)

道の駅どうし

さらに進んで道の駅どうしへ到着。(12:20)

道志川温泉紅椿の湯

ここまで来ると東京まであっという間ですね。

途中の「道志川温泉紅椿の湯」でゆっくりすることにします。

道志川温泉紅椿の湯

道志川温泉紅椿の湯

渓谷沿いの温泉がすごく気持ちよかった(*^^*)

道志川温泉紅椿の湯

お昼はここで「かき揚げうどん定食」を頂くことに。

道志川温泉紅椿の湯

休憩スペースもあったので2時間ほどゆっくり満喫(*^^*)

あとは道志みち→宮ケ瀬→246で東京へは17時頃に到着。

大満足な1泊3日のツーリングとなりました。

あとがき 東京〜伊勢神宮原付二種ツーリングのおおよその料金

鳥羽展望台

正確なログがないですが、東京〜伊勢神宮をアドレスV125Sで移動すると

  • 走行距離:850kmほど
  • 燃費:リッター43〜48km
  • ガソリン代:約2500円
  • ホテル代・フェリー代:5200円+3200円

ホテル代・フェリーを合わせて約1万円で移動することができました。

そのほかに食事代やスーパー銭湯での入浴代もかかってます。

ホテルを健康ランドだったりネカフェで済ませたらもっと安くなると思います。

燃費がいいので車で行くより断然安上がりですね。

原付二種だとバイパスの一部や高速道路が通れないので時間がかかっちゃいますが、のんびり1泊2日程度で伊勢神宮を目指すのであればものすごく楽しめると思います!

2017年9月に伊勢神宮に行ってから長距離ツーリングをしてませんが、またアドレスV125Sと一緒にいろんな場所に行きたいですね!

このツーリングレポートが皆様のツーリングに役立てれば幸いです。

では、今回はこの辺で。

ツーリングマップル

そうそう、今回の旅は「ツーリングマップル」が大変参考になりました!

ツーリングルートを設定する際にすごくおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です