一筆書ききっぷを使って金沢へ!北陸新幹線「かがやき」乗車記♪


旅に出たい。

2015年8月に東京に移住してから、旅と言えるような旅をあまりすることができなかった。

18きっぷでちょこっと遠出したのと、

地元である福岡に帰省するときに、サンライズ出雲・瀬戸に乗ったことぐらい。

2014年に鉄道を使って日本一周旅行をしたときみたいに、鉄道を使ってどこか遠くに行きたくなった。

ここ2ヶ月は仕事優先で頑張ってきたが、もう我慢できない!

思い立ったら即行動!ということで、旅に出ることにした。


スポンサードリンク

一筆書ききっぷを使ってぐるっと一周乗り鉄旅!



「一筆書ききっぷ」というものをご存知だろうか!?

一筆書ききっぷとは、大回り乗車の全国版。

JRのきっぷは、長距離になればなるほど料金が安くなるという特性があります。

一筆書ききっぷは、この特性を利用したものです。

東京〜京都を新幹線で往復する値段に300円プラスするだけで、金沢にも寄れちゃう!という優れものです。

詳しくはこちらのサイトを参考にしてください。






今回の旅で使うきっぷ。

東京→金沢→山科→名古屋→塩尻→新宿→武蔵小杉というきっぷを購入。

今回は、大阪で1泊するので山科〜大阪の往復乗車券も合わせて購入。

このきっぷを見ただけでルートが思い浮かぶ方は、かなり鉄分豊富かと。

今回の旅は、もうすぐなくなってしまうレアな特急列車に乗る!という鉄分豊富な目的もあります♪

北陸新幹線「かがやき」に乗って一気に金沢へ!揺れも少なく広々とした車内で車窓を堪能♪



2016年3月21日月曜日。

3連休の最終日。

今回の旅は東京駅からスタート。


今回乗るのは北陸新幹線、かがやき505号。

金沢まで2時間40分ほどで行ける最速列車だ。


隣のホームにE5系とE3系がディープキスしてたw


ホームに上がると、E7系がすでに入線してた♪


北陸新幹線E7系!めちゃくちゃかっこいい!

500系に似てるよね♪


白色の車体がすごくきれい。

さっそく乗りこみます。


E7系の普通車(別日撮影)


赤を基調とした座席がなかなかかっこいい。

枕は可動式で、自由に動かすことができます。


そして、足元がかなり広々♪


足を伸ばしてもかなり余裕があります。

さらに全座席コンセント完備と、申し分ない設備。

ただし、高崎〜金沢間はトンネルだらけなので、ネットを使った作業には不向きです。

トンネルだらけだが車窓が素晴らしい!オススメは3人掛けのA席!



かがやき505号は定刻通り、8時36分に東京駅を発車。


途中で埼京線と並走し・・・


あっという間に大宮に到着。

大宮の次は長野までノンストップ♪


だんだん車窓がのどかになっていき・・・


碓氷峠を超えると、目の前に浅間山が!


あっという間に長野に到着!

先行していたはくたかを追い抜きます。


E7系の横からのシルエットがきれい。


長野駅からは2015年に開通した北陸新幹線へ!


車窓は3人掛けの端にあるA席がオススメ♪

糸魚川から日本海と富山湾を眺めることができます♪


ちょっと距離がありますが、富山湾すごくきれい!


反対側のE席からは立山連峰を眺めることができます♪


かがやきは全車指定席。

糸魚川から金沢まで開けた景色を眺めることができるA席を取ることを個人的にオススメします♪


東京から約2時間40分。

終点の金沢へ到着!

北陸新幹線ができたおかげで金沢がぐっと近くになった!

大阪に行く感覚で気軽に金沢に行けるね♪

まとめ


トンネルだらけでずっと景色を眺めることはできないが、要所要所で眺めがいいスポットがあったので楽しい移動となった♪


ただ、ひとつ気になったのは・・・


3連休というのもあるが、家族連れや旅行客が騒ぎまくって車内がとにかくうるさかった。


静かな車両もあったので当たり外れが大きい。


全車指定席なので自由席に移ることもできないんだよねー。


こればっかりは時期をずらすしかないと痛感した。


それでも楽しい移動となりました!



北陸新幹線「かがやき」、また乗りたいぞー!


コメントを残す