最初で最後の寝台特急ー北斗星に乗ってはじめての北海道へ!上野駅出発編♪【日本一周鉄道旅行記その1】

DSC07055
2014年12月23日夕方18時。
上野駅。

子供の頃からどうしても叶えたかった夢をようやく実現するときがやってきた。
この機を逃せばもう二度と叶うことはできない・・・。

DSC07106
それは、寝台特急に乗ること。
寝台特急に乗って遠い遠い見知らぬ地へ旅することが、子供の頃からの夢だった。

DSC07117
北海道新幹線の開業準備などの影響で、2015年3月をもって最後のブルートレインである北斗星が廃止され、2015年8月まで運転の臨時列車となりました。

12月上旬に廃止のニュースが流れ、この機を逃せば一生後悔する!と思い、急遽旅の計画を立ててみることに。

そして運良くB寝台車が1席だけ空いていたので即確保。

そこから旅の計画を練りまくり、12月20日から翌1月1日までの11日間にわたり、鉄道を使っての日本一周旅行に行ってきました♪

DSC07444
半年も寝かせておいた日本一周鉄道旅行記。
7月のRe:Start!目玉である連載シリーズスタートです!

スポンサードリンク

上野駅13番線からながーい旅がはじまる!

DSC07065
まだ北陸新幹線も上野東京ラインも開業する前の上野駅。
旅はここからスタートです。

12月20日から22日は福岡から東京まで青春18きっぷを使って移動しましたが、今回の旅行のメインではないので割愛します。

DSC07068
北斗星は上野駅地上ホームの13番線に到着します。

DSC07088
ちょっと昔は上野発の夜行列車がいっぱい走ってましたが、2014年12月の時点でカシオペアと北斗星を残すのみ。

2016年3月には完全に消えてしまう可能性があります。

DSC07070
北斗星発車1時間前から熱心なカメラマンの方が到着を待ち構えておりましたw

DSC07084

DSC07087
上野から北斗星に乗って北の大地に行ける。
ようやく行ける!

北斗星到着前からすっごいドキドキ。

北斗星の写真撮影の前に大急ぎでシャワー券を確保!

DSC07089
18時45分頃に北斗星が入線。
写真撮影したい気持ちを抑えて、ある物を手配しに食堂車「グランシャリオ」へ。

DSC07094
それは、北斗星のシャワー券

北斗星にシャワー室がついていますが予約制。
北斗星到着後すぐに食堂車「グランシャリオ」で、利用時間を予約した上でシャワー券(320円)を発券してもらいます。

すぐに並んだにも関わらず、既にシャワー室予約の行列がw

一応、希望通りに朝一の時間帯を確保することができましたが、上野駅を発車した頃にはシャワー室は満室となってました(^_^;)

DSC07098
行列中に撮影した写真。
予算の都合上食堂車のフルコースは利用できませんが、フルコース後に予約なしでも利用できるパブタイムがあるのでそちらを利用することに。

上野駅で北斗星の撮影タイム!

10分ほど並んでようやくシャワー券を確保したので、恒例の撮影タイム♪

DSC07106
まずは機関車!
北斗星は客車なので機関車が牽引します。

DSC07103
横から撮影。
カッコいい。。。

DSC07110
北斗星は定期列車としては最後のブルートレイン
新幹線での旅もいいですが、やはり旅はのんびりに限ります。

DSC07093
さーて、これから乗り込むぞー!!と気合十分なぶっちーw
老夫婦の方に撮影してもらいました。

DSC07113
今回乗車したのは、昔ながらの開放B寝台車。
2段ベッドの下段に乗り込みます。

いざ出発・・・札幌まで16時間の長い旅のはじまり。

上野駅でシャワー券を確保したり写真撮影に夢中になっていたら、あっという間に発車時間に。
あまり実感が湧きませんが、札幌まで16時間、1,214キロにも及ぶながーい旅のはじまりです。

北斗星発車後の車窓を動画で撮ってみました。
これを見ると旅のはじまりの雰囲気が伝わってくると思います。

時間があるときに是非見てほしいです(*^_^*)

次回予告!

IMG_9381
次回はいよいよ北斗星の食堂車「グランシャリオ」でパブタイムを満喫!!

食堂車で飲むサッポロクラシックは最高!

北斗星の食堂車「グランシャリオ」で贅沢すぎるパブタイムを満喫!まさに至福のひととき!【日本一周鉄道旅行記その2】
【随時更新中!】2014年〜2015年 日本一周鉄道旅行記まとめ!寝台特急北斗星・北海道の雄大な景色・リゾートしらかみなどはじめて尽くしの旅!

日本一周鉄道旅行記は、通常更新と並行して旅行記事を配信する予定です。
更新情報を知りたい方はfeedlyを使ってみると便利!

この機会に是非登録をお願いします。
下のボタンを押すだけで登録できますよー!
follow us in feedly

では、今回はこの辺で!

コメントを残す