「ぷらっとこだま」と「EXこだまグリーン早特」を比較してみた。どちらも利点あり!

ぶっちー(@butti15)です。

ぷらっとこだまのグリーン車プランを使って旅に行ってきました。

ぷらっとこだまのグリーン車プランと似たようなサービスで、エクスプレス予約の「EXこだまグリーン早特」というものがあります。

どちらもこだまのグリーン車にかなりお得な値段で乗ることができ、両方とも内容がかなり似ています。

ただ、料金とか申込み期限など、微妙な違いがあります。

今回は、「ぷらっとこだまグリーン車プラン」と「EXこだまグリーン早特」のサービスを比較してみました。

どちらのサービスも一長一短あり、利用シーンに応じてうまく使い分けるとお得に乗車することができます。

「ぷらっとこだまグリーン車プラン」と「EXこだまグリーン早特」を比較!

どちらのプランも、こだま号のグリーン車にお得な値段で乗ることが共通点。

微妙な違いを比較してみましょう。

今回は、東京から新大阪間をこだま号のグリーン車で乗車する場合で比較しております。

違いその1.EXこだまグリーン早特の方が値段が安い!

東京から新大阪間をこだま号のグリーン車に乗る場合、EXこだまグリーン早特の方が少し値段が安くなります!

以下、消費税10%改定後の値段です。

東京駅・品川駅からこだまグリーン車定価EXこだまグリーン早得ぷらっとこだま
名古屋駅14,750円9,170円
▲5,580円
9,500円
(繁忙期は10,700円)
京都駅18,720円11,200円
▲7,520円
12,000円
(繁忙期は13,400円)
新大阪駅19,270円11,410円
▲7,860円
12,200円
(繁忙期は13,800円)

東京〜新大阪間を比べた場合、EXこだまグリーン早特の方がぷらっとこだまの通常期料金と比べて800円安いです。

2020年3月改正までは2人利用だとEXこだまファミリー早得の方が安かったですが、残念ながらグリーン車利用プランは終了となりました。

ただし、EXこだまグリーン早特はお盆や年末年始などの特定期間は使用不可!

特定期間はエクスプレス会員とスマートEXで予約する場合で期間も異なるので注意。

スマートEXの方が利用不可の期間が長いです。

EXこだまグリーン早得に比べて通常期料金が800円高い「ぷらっとこだま」ですが、ぷらっとこだまにもメリットが。

「ぷらっとこだま」利用時にはキオスクで使える1ドリンク引換券がついてるので、800円の差を少し埋めることができます。

さらにお盆や年末年始の繁忙期は、EXこだまグリーン早特は利用不可なので、ぷらっとこだま一択となります。

その①まとめ
  • 東京〜新大阪間を移動する場合はEXこだまグリーン早得の方が800円安い
  • 年末年始の繁忙期はEXこだまグリーン早特は利用不可。ぷらっとこだま一択
  • ぷらっとこだま利用時は1ドリンク引換券がもらえるので、値段の差を埋められる

その2.申込み期限 どちらも当日購入は不可!

ぷらっとこだま・EXこだまグリーンIC早特共に、当日購入は不可です。

基本的に、ぷらっとこだまはインターネット申込みの郵送受け取りの場合、出発日の5日前が期限

EXこだまグリーン早特の場合、出発日の3日前23:30までとなります。

ただし、ぷらっとこだまの場合は、JR東海ツアーズへ来店して申し込むと乗車日前日まで申込みが可能です!

詳しくはこちら。

ぷらっとこだまは乗車日前日まで申込可能!ネットからは購入不可だがJR東海ツアーズの窓口に行けば買えるぞ!【当日購入不可】

その3. 利用できるこだまの違い

ぷらっとこだまとEXこだまグリーン早特、どちらもこだま号しか利用できないのは名前の通りです。

ただ、ぷらっとこだまの場合、一部利用できないこだま号があります。

例えば、東京駅6時57分に発車する新大阪行き「こだま703号」は、ぷらっとこだまの設定対象外となってます。

対して、EXこだまグリーン早特の場合、すべてのこだま号を対象に予約することができます。

こちらもEX早特の方が便利ですね。

その4. 利用列車の変更など

ぷらっとこだまは旅行商品で、EXこだまグリーン早特は企画きっぷ。

この違いはしっかり覚えておく必要があります。

EXこだまグリーン早特の場合、予約変更時点で乗車3日以上先の場合、乗車日の別のこだま号や他の日に変更することが可能。

さらに差額を払って、他のEX予約サービス等への変更が可能です。

払い戻しも簡単。

列車出発時刻の3分前までだと、1座席につき310円で払い戻しが可能。

列車に乗り遅れた場合でも、特定額が差し引かれた金額が払い戻されます。

それに対し、ぷらっとこだまは旅行商品。

別の時間帯のこだま号や日時の変更は一切不可能!

その場合は一旦旅行をキャンセルし、再度申し込む必要があります。

払い戻しの際は旅行のキャンセルとなり、乗車日予定日10日前から所定の払い戻し手数料20%〜100%かかります。

ぷらっとこだまとEXこだまグリーン早特の違いまとめ

ここで簡単にまとめてみます。

ぷらっとこだまEXこだまグリーン早得
グリーン車料金
(東京〜新大阪間)
通常期:12,200円
繁忙期:13,800円
11,410円
繁忙期は利用不可!
申込期限インターネット申込:5日前
店頭受取:前日まで
3日前の23:30まで
利用できるこだま号一部利用できないすべてのこだま号
申込後の変更・払い戻し申込後の変更は不可能!
払い戻しにも厳しい制限あり
乗車3日前までなら変更可能!
払い戻しも簡単

やはりまとめてみると、料金も安く、圧倒的に簡単に申し込めるEXこだまグリーン早特の方が優ってますね。

以前はエクスプレスカードorJ-WESTカードいずれかのクレジットカードを作る必要がありましたが、今は交通系ICカードとクレジットカードだけでエクスプレス予約と同等の割引サービス受けれる「スマートEX」のサービスもあります。

ただ、ぷらっとこだまは店頭申込みの場合、乗車日前日まで申込みできるという強みがあります。

1ドリンク無料券も付いてますしね。

どちらのサービスもうまく使うと非常にお得なサービスとなります。

「こだまだと4時間もかかって遅い!少しお金がかかってもいいからグリーン車に乗って早く移動したい!」

という方に向けて、「東海道新幹線のグリーン車になるべく安く乗る方法」をまとめてみました。

東海道新幹線のグリーン車になるべく安く乗る方法!「EXグリーン早特」や「株主優待」「ぷらっとこだま」など各種割引サービスを徹底解説! 「EXグリーン早得」を使って東海道新幹線「ひかり」グリーン車を普通車指定席以下の値段で乗車してみた!Suicaなどで使えるスマートEXでも「EXグリーン早得」が利用可能だぞ!

こちらの記事も合わせてどうぞ。

では、今回はこの辺で。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

「EXグリーン早得」を使って東海道新幹線「ひかり」グリーン車を普通車指定席以下の値段で乗車してみた!Suicaなどで使えるスマートEXでも「EXグリーン早得」が利用可能だぞ! ぷらっとこだまは乗車日前日まで申込可能!ネットからは購入不可だがJR東海ツアーズの窓口に行けば買えるぞ!【当日購入不可】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です