東京発!一筆書きで信州・新潟をぐるっと一周する鉄道乗り尽くしの旅に行ってきた!

久々に鉄道を使った旅に行ってきました!

今回の目的地は新潟にある栃尾又温泉

最寄り駅は上越線の浦佐駅もしくは小出駅ですが、上越新幹線を使って行くのは車窓も期待できないし面白みがない。

ってことで、新宿から松本→長野→直江津→長岡の日本海側を通って小出駅に行く一筆書きルートで行ってきました!

一泊二日の旅の模様をご紹介しますね(*^^*)

東京発!一筆書きで信州・新潟をぐるっと一周の旅! 今回の旅で使ったきっぷとルート

今回の旅の日程はこんな感じ。

  • 新宿→特急スーパーあずさ→松本
  • 松本→特急しなの→長野
  • 長野→しな鉄→妙高はねうまライン→上越妙高
  • 上越妙高→特急しらゆき→長岡
  • 長岡→上越線→小出駅で途中下車
  • 小出駅→上越線→高崎線→東京都内

今回の旅で使ったきっぷ。

北陸新幹線が開業する前は全区間JRなので一筆書ききっぷを使って安く乗車券を買うことができましたが、長野〜直江津の在来線区間はしな鉄と妙高はねうまラインに移管したので1枚のきっぷで買うことができません。

長野〜上越妙高を北陸新幹線で移動すれば一筆書ききっぷになりますが、新幹線はなるべく乗りたくなかったのでパス。

そこで、今回は割引きっぷなどを駆使して買うことに。

  • 新宿〜松本 えきねっとトクだ値 特急券込みで4,480円
  • 松本〜長野 松本駅の金券ショップで購入 1,590円
  • 長野〜直江津 普通乗車券 1,500円(間違って直江津まで買ってしまった)
  • 直江津〜信越線〜上越線経由東京都内の乗車券 5,620円
  • 特急しらゆき自由席特急券 1,390円

合計14,580円

となりました。

今回は平日に旅行したので乗車券を分割しまくりましたが、週末だと週末パスを買ったほうが安くなりますね。

週末パスだと長野〜直江津の第三セクター区間も乗ることができてお得です。

  • 週末パス 8,730円
  • あずさ 自由席特急券 2,380円
  • しなの 自由席特急券(金券ショップで購入) 550円
  • 特急しらゆき自由席特急券 1,390円

合計13,050円

となります。

新宿からスーパーあずさに乗って松本へ!

ここからは旅のレポート。

まずは新宿7時発のスーパーあずさ3号に乗って松本へ!

車内で朝ごはん頂きます(*^^*)

甲府まではビジネス客で満席で落ち着かなかったな(^_^;)

新型あずさE353系の車内。2018/01撮影

スーパーあずさは2018年3月から新型車両E353系に統一されたので、乗り心地がかなり向上しました。

以前詳しい乗車記を書いてるのでこちらもどうぞ!

E353系”新型スーパーあずさ”乗車記!新型車両の時刻とおすすめ座席は!?全席コンセント+可動式枕付きで乗り心地は格段に向上したぞ!

2時間半ほど景色をたのしみつつ、松本駅へ到着です。

松本からはしなのに乗って長野へ!

松本駅に到着。

駅前にある金券ショップで長野までの乗車券と特急券を購入。

長野までは特急しなのに乗り込みます。

姨捨駅付近から見える善光寺平は絶景!

50分ほどで長野駅に到着♪

しな鉄と妙高はねうまラインに乗って上越妙高へ

ここからは在来線に乗って移動。

久々に115系に乗りたくなったので、新幹線に乗らずしな鉄に乗ることにしました。

やはりローカル線と言ったらボックス席!

のんびり揺られながら旅を楽しみます(*^^*)

妙高高原からは妙高はねうまラインに乗り換え。

車内はガラガラでした(笑)

しらゆきに乗って長岡へ!

上越妙高で一度下車し、特急しらゆき号に乗り換えます。

ここでお楽しみの駅弁タイム!

上越妙高と直江津で有名な「鱈めし」と新潟限定のビール「風味爽快ニシテ」!

この鱈めしがめちゃくちゃ美味しい!

日本海を眺めながら1杯。最高のひととき!

栃尾又温泉で1泊

長岡から上越線で小出まで移動し、バスに乗り換えて栃尾又温泉へ。

宿泊記はまた別記事で紹介しますね。

上越線と高崎線のローカル列車を乗り継いで東京へ!

あとがき

後半は後日加筆しますね。

1泊2日の短い旅でしたが、いろんな種類の列車に乗れてめちゃくちゃ楽しいひとときでした!

またマニアックな旅に出たらこのブログで報告しますね!

では、今回はこの辺で。

コメントを残す