【搭乗レポート】ジェットスターを使って福岡から東京(成田)まで移動してみた。乗ってみた感想やLCC特有の注意点などまとめてます。



2014/10/30(木)〜11/04(火)まで5泊6日の予定で東京に行ってきました。

今回は、僕が今住んでる福岡から東京までジェットスターを使って移動してみました。

直前にチケットを取らない限り、ジェットスターだと片道1万円以下で東京まで行けちゃいます。
ただし、東京とは言っても羽田便ではなく成田便です!!(これ大事!!)

成田から東京都内の移動に時間がかかるのが少々ネックですが、1万円以下で東京に行けるのはものすごい魅力。

という訳で、実際にジェットスターを使って移動してみましたので、簡単なレポや注意点をまとめてみます。

スポンサードリンク

3週間前にチケットを取得しても往復1万7500円で東京まで移動できた!

せっかく東京まで行くので東京滞在時間をフルに使いたいので、朝早めに福岡を発ち、夜遅くに福岡に到着する便をチョイスしました。


10月10日に予約しても往復17500円で済みました♪
(クレジット決済などの諸手数料&成田→東京駅までの高速バス片道料金込みです)

予約ページはこちら。


ジェットスターなどのLCCを使ったことがない!!という方は、こちらのページにわかりやすく記載されております。

福岡空港は地方便が出る第1ターミナルから出発!改装工事に伴い国内線ターミナルに集約されてます!

※2017/06/26追記
現在、福岡空港ターミナルビル改装工事に伴い、ターミナルビルが第一ターミナルから国内線ターミナルに集約されてます。
改装工事の進捗に伴い、チェックインカウンターが変更になる可能性がありますので、ご注意ください。
詳しくはこちら。
出発・到着の流れ(国内線) | 福岡空港

103系も地下鉄に乗り入れなくなりましたし、時代が変わりましたね−。


朝7時前。
自宅の最寄駅から福岡空港行きの電車に乗って出発です。

福岡空港は都心からダイレクトに地下鉄が直通してるのでめちゃくちゃ移動が便利です。

博多駅から5分、都心の天神から10分で福岡空港まで行けちゃいます。
僕の最寄り駅からでも福岡空港まで30分かからないですw


7時半ごろに福岡空港駅に到着。

第1ターミナルは1番出口を上がって300メートルほど先にあります。
第2・第3ターミナルと逆方向にあるので注意です。


第1ターミナルに到着。
ジェットスターの搭乗カウンターはターミナルの1番奥にあります。


搭乗カウンターに到着。
ここまでの移動時間は約7分ほど。
出発30分前には搭乗手続きが締め切られますので早めに行きましょう。


カウンター隣にある機械で簡単にチェックインできます。
予約メールに記載されている6桁の予約番号を入力してチケットを発券します。


または予約メールに記載されているバーコードをスキャンすることによっても簡単に発券できます。


往復同時に予約してたので帰りの分も発券しました。
これで帰りはチェックイン不要なので楽々です。


無事にチェックイン完了してチケットを発券できました。

ちなみに今回は搭乗カウンターでチェックインを行いましたが、飛行機の出発時刻の48時間前から出発1時間前までウェブでチェックインすることができます。



※ただし、ウェブチェックインは自分でチケットをプリンターで印刷しないといけないので面倒です。
チケット紛失の危険性もありますので、出発時間まで余裕を持って搭乗カウンターまで行ってチェックインすることをオススメします。

第1ターミナルはお土産屋さんやレストランが少ないので注意!

※2017/06/26追記
現在、福岡空港ターミナルビル改装工事に伴い、現在とは状況が全く異なります(^_^;)
お土産などのお店は仮店舗で営業しているところが多かったですね。
福岡空港 ショップ&レストランガイド|お土産&グルメ情報 そらもーるFUKUOKA
搭乗手続きまでまだ30分以上余裕があるので、福岡空港内をぶらぶらしてみました。

第1ターミナル内はお土産屋さんやレストランがあまりないので注意です。


第2ターミナル2階にあるそらもーるまで行くと九州内のお土産が充実してますのでここでお土産を買うといいでしょう。

東京滞在中に色んな方にお会いするので、ここでお土産を3点ほど買いました(*^^*)
博多通りもんと三日月屋のクロワッサンは是非買ってほしい・・・!






ちなみに第2ターミナル2階にスタバも併設されてますので、搭乗前にまったりすることもできます♪

いざ、搭乗開始!!LCCなので座席は窮屈だが1時間半少々の短い乗車時間なのでそんなに苦じゃない!!

8時を回り搭乗締め切り時間が迫ってきたので、買い物を切り上げて第1ターミナルまで駆け足で移動(^_^;)


第1ターミナルの2階出発ロビーにて搭乗手続き。


第1ターミナルの搭乗口は2口しかなくいつも混雑してるので搭乗はお早めに。


出発20分前から搭乗できるみたいです。
しばらくターミナル内の待合室で待つことに。


20分を過ぎて搭乗手続きが開始されました。
いつも外に出てタラップから乗るのですが、今回はボーディングブリッジから乗れるみたいです。



さっそく機内へ。
ジェットスターお馴染みの座席間隔が狭い本革シートです。


171cmの自分が座っても足元にそれなりの余裕あります。

飛行機全般の座席はもともと狭いので、これくらいなら許容範囲でしょう。
1時間半少々乗ってましたが快適に移動できましたよ♪


福岡を早めに発つ便なのか、木曜日なのに搭乗率は90%を超えていて機内は混雑しておりました。
羽田との便との棲み分けができているみたいで、安く利用したい!!って方が定着できているみたいで何より。


福岡から成田まで1時間半の快適フライト♪
9月から離着陸の間も機内モードならiPhoneなどの電子機器が使えるようになったので、離着陸の模様を動画で撮ったりしてましたw
離着陸の模様については後日UPします♪


写真には撮れなかったが、うっすらと雪化粧した富士山を眺めることもできました♪
空の景色は大好きで癒されます(*^^*)


福岡から1時間半少々、定刻の10時25分に成田に到着。



成田はさすがにボーディングブリッジじゃなくてバス移動でした(^_^;)


福岡から2時間ほどで成田空港到着です!!
※2017/06/26追記
成田空港へは現在、第3ターミナル発着となり、当時と状況が異なります。

成田空港から東京までの移動はバスが安くて便利!!事前予約で900円で東京駅まで移動できるぞ!!

成田空港に到着しましたが、周りはゴルフ場か田畑しかない田舎でびっくり(^_^;)
福岡と違って成田から東京まで移動するのに時間がかかるのが難点です。

今回は東京シャトルという高速バスを使って東京駅まで移動しました。

片道900円!東京駅〜成田空港間を最安で移動できる高速バス「東京シャトル」に乗って東京駅まで行ってみた。

2014.10.31
事前予約しているとなんと900円で東京駅まで移動できちゃいます。
しかも予約しなくても現金決済で千円で移動できます。

東京シャトルの詳細はこちら。



成田空港から1時間、福岡を発って待ち時間や乗り換え時間を含めて4時間で東京駅に到着。
詳細は別記事に書きますが、全座席コンセント付きで東京駅まで1時間でラクラク移動。
しかも900円で移動できてコスパ抜群でした!!

まとめ。片道1万円以下で福岡〜東京間を移動できるすごい時代になった!!ただしLCC独特のリスクあるので注意!



少々長くなりましたが簡単にレポートしてみました♪
今回はトラブルもなく、無事に東京まで移動できましたが、LCCにはトラブルがつきものです。

数少ない機材をやりくりして運用してますので、台風等の天候の変化によって欠航しやすいのが難点。
成田空港も通常時だと23時までしか離発着できませんので、条件付き飛行になったり運が悪いと出発地に引き返すこともあります(^_^;)

空港までの公共交通機関に乱れなどがあっても出発時刻の25分までに搭乗手続きを済ませないと、どんな理由であれ問答無用でその便に乗れなくなるリスクがあります!


しかもJALやANAなどの大手と違い、乗り遅れや欠航になっても払い戻しに一定の制約があったり、他会社への振り替えができないなどの制約があります。


片道1万円以下で移動できるのは確かに魅力。
ただし、上記のようなリスクが常にあることを頭の片隅に入れて利用するようにしましょう。

これからもジェットスターなどのLCCを活用しまくって、移動コストを抑えながらいろんな場所に遊びに行ってやります!

では、今日はこの辺で。

コメントを残す