小田急沿線から鎌倉に行くなら「江の島・鎌倉フリーパス」が安くて便利!江ノ電の1日乗車券が付いて新宿発往復1,470円で行けるぞ!

先日、町田から「江の島・鎌倉フリーパス」を使って鎌倉までプチ旅行に行ってきました♪

旅の感想はこちら。

久々に旅に出ることにした。やはり僕には旅は欠かせない。

鎌倉までどうやって行こうか迷いましたが、小田急沿線からだと「江の島・鎌倉フリーパス」を使うとかなり安く行けます!
さっそく使ってみました♪

「江の島・鎌倉フリーパス」を使うと小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由!往復乗車券付き♪

「江の島・鎌倉フリーパス」には以下のチケットがセットになっています。

  • 江ノ電フリーパス
  • 小田急線(藤沢〜片瀬江ノ島)間フリーパス
  • 発駅から藤沢駅までの往復乗車券
  • 鎌倉・江の島周辺の観光施設の優待

詳しくはこちら。

気になる料金ですが、新宿発だと1,470円。
町田発だと1,020円。

江ノ電フリーパスを普通に買うと600円します。

新宿から藤沢まで往復1,180円かかるので、実質+290円すればフリーパスが付いてくるのでかなりお得です♪

スポンサードリンク

「江の島・鎌倉フリーパス」の購入方法

「江の島・鎌倉フリーパス」の購入方法ですが、小田急の駅券売機で簡単に購入することができます♪

券売機のきっぷボタンにタッチして、「フリーパス」を選択してください。

「フリーパス」をタッチすると地図が出てくるので、「江の島・鎌倉」を選択。

「江の島・鎌倉フリーパス」を選択すると簡単に購入することができます。

きっぷが出てきました。
帰りの下車駅までこのきっぷは回収されないので、自動販売機に通してokです♪

「江の島・鎌倉フリーパス」を使っていざ、鎌倉へ!

町田からいざ鎌倉へ!
(写真は逆方向のホームですがw)

平日の朝に出発したので通勤ラッシュに巻き込まれるも藤沢に到着♪

藤沢から江ノ電に乗って鎌倉まで♪

江ノ電にのると心が落ち着くんですよねー。
都心から1時間でこの光景。

鎌倉に行ったり長谷に行ったり七里ヶ浜に行ったりと、江ノ電は1日大活躍♪

フリーパスの恩恵をフルに使って観光することができて大満足な1日になりました!

スポンサードリンク

あとがき

JR沿線から鎌倉に行く際は「鎌倉・江ノ島パス」が便利です。
往復乗車券の割引はありませんが、鎌倉周辺のJRと江ノ電と湘南モノレールが1日700円で乗り放題♪

鎌倉や江ノ島周辺の交通機関はフリーパスが充実してるので観光に便利です♪
お得なきっぷを使って鎌倉や江ノ島観光に行ってみてくださいー!

では、今回はこの辺で。

コメントを残す