山陰本線の絶景オーシャンビューを堪能!博多〜下関〜出雲市乗車記♪【博多からサンライズ出雲に乗って東京へ!前編】

ぶっちー(@butti15)です。

福岡から東京へ月に1度は行くことがあったので、様々な交通手段を比較しつつ移動しておりました。
特にLCC には何度もお世話になりました。

今回も福岡から東京まで移動する機会ができましたが、もう単なる移動は飽きました(^_^;)

移動を旅に変えたい!!

ってことで、今回はこんなルートで移動することに。

山陰本線のローカル列車に乗って絶景オーシャンビューを堪能しながら出雲市まで行き、〆はサンライズ出雲のB個室に乗って東京まで行く1日ががりで移動する旅!

1日ががりで移動する長いようで短いような旅のはじまりです!

具体的なルート・料金

具体的なルートと料金はこんな感じ。

ルート

博多
↓鹿児島本線・山陽本線 特急ソニック
下関
↓山陰本線 ローカル列車
長門市
↓山陰本線 ローカル列車
益田
↓山陰本線 特急スーパーまつかぜ
出雲市
↓寝台特急サンライズ出雲
東京

料金

福岡市内→東京都内の乗車券:15,160円
博多→小倉の自由席特急券:520円
益田→出雲市の自由席特急券:1,300円
寝台特急サンライズ出雲の特急券+B個室「ソロ」の料金:9,720円

合計:26,700円

博多から東京まで新幹線で行っても、片道2万ほどかかります。
+6千円ほどの出費で移動を旅へ変身させることができました。

博多から出雲市は青春18きっぷで移動しようかと考えましたが、18きっぷだと特急列車に乗れません!
青春18きっぷ+出雲市から乗車券を買う場合と、博多から通しで乗車券を買う場合で料金はあまり変わらなかったので、今回は普通にきっぷを買いました。

スポンサードリンク

博多からソニックに乗ってまずは九州脱出!


2015年7月29日水曜日。
博多から1日がかりで移動する旅のスタート!


旅の先陣は特急ソニック!883系!
めちゃくちゃかっこいい!

ソニックに乗り続けて別府まで行って温泉三昧もいいですが、今回は途中の小倉まで乗車です♪

883系の車内。
リニューアルされた時の新造車に乗ったので、ミッキーの耳のような座席より乗り心地がいいです。

883系ソニックの3号車と4号車は、運が良ければ豪華な座席になります。

博多から小倉まで40分ちょっと。
車内でブログごりごり書いてたらあっという間の時間でした。

小倉から在来線を乗り継ぎ、関門トンネルを通って下関へ到着です♪

下関から山陰本線のローカル列車を乗り続けて益田まで移動!車窓から見える絶景オーシャンビューが凄すぎた!


下関からは10時21分発の仙崎行きに乗車。

平日に乗ったので1両だけの運転でしたが、土日は観光列車「みすゞ潮彩号」として運転されます。

2017/06/24追記
2017年1月をもって、みすゞ潮彩号は運行を終了しました。
2017年夏シーズンから、新たな観光列車がデビューするそうです。
楽しみですね(*^^*)

わずか1両だけのローカル列車。
進行方向左側の席が海側です。
もちろん左側の席をキープ。

幡生から山陰本線の区間に入ると景色は一気にのどかに。

そして、何と言っても海。
山陰本線は日本海沿いの険しい区間を通るので、出雲市までずーっとオーシャンビューを堪能することができます♪( ´▽`)

福江駅〜吉見駅間の車窓。
まだ下関市内なのにすごく透明な海!きれい!

車内からこんな感じに見えます♪

2時間ほど乗車して、途中の長門市駅で乗り換え。

すごくのどかな駅。

去年の冬に北海道へ行ったときとはまた違うのどかさ。

次の列車が来るまで30分ほどの待ち時間。

昼時なので食材を確保しにうろうろしましたが、駅前にコンビニすらないのどかな場所です。
近くにほっともっとがあって何とか弁当を買うことができました。危なかった(^_^;)

長門市からは「臨時列車」の益田行きに乗車。
長門市〜東萩間は臨時列車。
毎日運転ではないので要注意です。

もし同じルートで旅する場合は事前に時刻表などで運転日を確認してくださいね。

長門市から益田間も海沿いの区間がずっと続きます。

山口県の島根よりに行けば行くほど海はどんどん透明に!

めちゃくちゃ透明!!
車窓からここまで透明な海を眺めたのははじめて。

今まで海沿いの区間を走る路線は色々乗ってきましたが、山陰本線のオーシャンビューはダントツできれい!
特に東萩駅あたりの海沿いの区間がいちばんきれいでした♪( ´▽`)

山陰本線のローカル列車の旅、最高すぎる!

下関から5時間かけて、島根県の益田駅に到着。
あっという間でした♪

益田から出雲市までは特急「スーパーまつかぜ」に乗って一気に出雲市へ!海を眺めながら飲むビールは最高にうまい!

益田から出雲市までは、サンライズ出雲への乗り継ぎ時間の関係で特急列車を使って移動することに。

スーパーまつかぜ号に初乗車です♪

特急列車といってもわずか2両編成(笑)
グリーン車すらついていません。
指定席取らずとも自由席に確実に座ることができます。

車両の先端部はガラス張りになってるので、前面展望もし楽しめます!
気分は運転手!

益田から出雲市の区間も海沿いの区間が続きます。
我慢しきれずにビール買ってしまった(笑)

絶景の海を眺めながら飲むビールは最高にうまい!!

特急列車なのでめちゃくちゃ飛ばしますが、景色はすごくきれいです。
ローカル列車に乗ってのんびり眺めるのもいいですが、特急列車に乗ってビールを飲みながら眺めるのも最高です。

益田から特急列車に乗って1時間40分ほどで出雲市に到着。
ローカル列車なら3時間以上はかかる区間なので、この区間は特急に乗ることをお勧めします。

出雲と言えば出雲大社!
ただ、出雲市駅からはかなり離れているので、出雲大社へ行くには出雲市駅からバスか一畑電車に乗る必要があります。

このまま出雲で一泊して、人がほとんどいない早朝に出雲大社を参拝するのもオススメですー!

次回予告! ついに憧れのサンライズ出雲に乗車♪

長くなりそうなので、今回はここまで。
次回は、ついに憧れのサンライズ出雲に乗車!

長いようで短い夜の旅のはじまりです。

中編の記事はこちら!

サンライズ出雲B個室ソロ乗車レポート。宍道湖の夕焼けを眺めながらロビーで晩酌♪ほろ酔い気分になって車内探検へ!【博多からサンライズで東京へ!中編】

更新情報を知りたい方はfeedlyを使ってみると便利!

この機会に是非登録をお願いします。
下のボタンを押すだけで登録できますよー!

follow us in feedly

では、今回はこの辺で!

コメントを残す