【搭乗レポート】片道737円!春秋航空(Spring Japan)のセールを使って佐賀空港から東京(成田)まで行ってみた。

LCCや青春18きっぷを駆使して、とにかく安く旅行に行くのが生きがいのぶっちー(@butti15)です。


今回は春秋航空(Spring Japan)というLCCを使って、佐賀空港〜東京・成田空港まで片道737円という破格の値段で行ってきました!!


福岡在住の僕でさえ佐賀空港はどこぞ!?ってくらい縁がなかった場所でしたが、実際に利用してみると佐賀空港はかなり便利で意外と使えました!

佐賀空港についての利便性についてレポートした記事はこちら。駐車場無料で使いやすいですよ。

佐賀空港ってどうよ!?実際に利用してみると意外と便利だった!何日泊めても駐車場無料!

2015.01.20
実際に使ってみて感じたことや、成田空港での乗り場の注意点についてレポートしますね。
スポンサードリンク

春秋航空(Spring Japan)とは!?

LCCと言えばジェットスターやPeachを思い浮かべる方も多いかと思いますが、春秋航空(Spring Japan)は中国にある格安LCCの日本法人です。


2017/06現在、成田↔広島・佐賀・新千歳・関空間で国内線を就航してます。

中国系のLCC!?大丈夫なの!?
と心配される方もいるかと思いますが、ちゃんと国内の厳しい安全基準を満たしてます。
安全性はJALやANAや他のLCC会社と同じく、日本全国全く同じ基準を満たさないと飛ぶことができませんw

座席が狭かったり、機内サービスがなかったりと、安全性以外のコストを削減しまくってその分運賃を安くしているのがLCCの特徴です。
安心して利用できますよー!

毎月7日に行う片道737円のセールに挑む!


Spring Japanと言えば、毎月7日に行われる片道737円のタイムセール!


2015年1月は成田〜佐賀便が対象でした。

セールの情報はSpring Japanの会員になればゲットできます。
セール価格は早い者勝ちですので、事前にSpring Japanの会員になることを強くオススメします。
会員になることで、チケット購入する際の必要情報の入力時間がかなり短縮できます。


セールに挑んで運良く片道737円でゲットしました♪
決済手数料も含めると1167円。
いやー安すぎます。

実際に佐賀空港から成田空港まで行ってみた。


行きは2015年1月16日に利用しました。
行きの便はセール対象期間外でしたので、片道5760円でした。
それでも安いですね。

佐賀空港は佐賀市内から約25分、福岡市内から三瀬峠経由で2時間ぐらいで行くことができます。
佐賀空港についての詳しいレポートはこちら。

佐賀空港ってどうよ!?実際に利用してみると意外と便利だった!何日泊めても駐車場無料!

2015.01.20


空港に着いたら、上海に行く中国人の団体客でごった返してました(^_^;)


国内線の搭乗手続きは、カウンター側にある機械で簡単にすることができます。
予約の際に添付された予約コードかQRコードをかざすとチケットが発券できます。


搭乗手続きは出発35分前までです。
乗り遅れのないように気をつけてください。


さぁ早速搭乗しましょう。


佐賀空港からだとボーディングブリッジから乗れるのでラクラクです。


さぁ乗りますよー!!
(※写真は、成田空港で撮りました。)

室内は他のLCC会社と変わらなかった。機内サービスは安め♪


機内はこんな感じ。
座席カバーに広告が載ってますね。



LCCですので車内はとても狭いです。
窓側の席の人がトイレに行く際は通路側の人に立ち上がってもらう必要があります(^_^;)


座席幅は以前に乗ったジェットスターと同じくらいでしょうか。
171cmありますが、特に苦痛ではなかったです。


Spring Japanの良かったところは機内サービスが安かったこと!
コーヒーや嬉野茶が1杯100円でお代わり自由なのはいいですねー。



軽食やお土産も充実してました。


LOVE! 佐賀というムック本も置いてました。
佐賀のオススメ観光スポットやお土産情報が充実しており、佐賀観光の予習に最適でした。

成田空港から東京駅までのアクセスはバスが便利♪片道900円〜千円で行ける!

佐賀空港が全く混雑してないからか、成田空港までわずか1時間半ほどの短いフライトでした。


写真を撮り忘れましたが、成田から東京駅までのアクセスはバスが安くて便利です。
片道900円〜千円で快適に移動することができます。
成田から東京駅までのアクセスとして、「東京シャトル」と「THEアクセス成田」があります。

片道900円!東京駅〜成田空港間を最安で移動できる高速バス「東京シャトル」に乗って東京駅まで行ってみた。

2014.10.31

予約不要でSuicaも使える!片道千円で東京駅〜成田空港を移動できるバス「THEアクセス成田」に乗ってみた。

2015.07.02


もしくは渋滞知らずのスカイライナーに乗って移動するのもオススメです。
山手線の乗り換え駅である日暮里まで片道37分です。

東京(上野)から成田空港まで最速43分!京成スカイライナー乗車記♪

2014.11.06

帰りに成田空港で迷子になってしまった!Spring Japanの出発カウンターはジェットスターの反対側!


帰りはセールで手に入れた737円のチケットを利用したのですが、成田空港で思いっきり迷子になりました(^_^;)


Spring Japanの出発カウンターは第二ターミナル1階の端です。
2階にあるジェットスターの出発カウンターと正反対ということを覚えておきましょう。
時間ギリギリにジェットスターのカウンターに行ってしまい、危うく乗り過ごす所でした(^_^;)


※2015/07/03追記
2015年4月に成田空港に第3ターミナル(LCC専用ターミナル)が完成し、春秋航空便は第3ターミナル発着に変更されました。
当記事は第2ターミナル発着時のレポートとなりますので、現在と情報が異なります。
第3ターミナル完成後の搭乗レポートを作成しておりますので、最新の搭乗レポートをご覧になりたい方はこちらへどうぞ!
【搭乗レポート】春秋航空(Spring Japan) 佐賀空港〜成田空港間がセール価格で片道1,547円!第3ターミナル完成後の搭乗レポート | Re:Start!

あとがき。佐賀空港までのアクセス手段さえ確保できれば意外と利用できる!


行きと内容がほぼ被るので割愛しますが、成田→佐賀便は成田空港の混雑やジェット気流の影響で2時間半もかかりました。


狭い車内に2時間半も拘束されたのでさすがに疲れましたが、佐賀〜東京間を高速バス代を含めて往復1万以下で移動することができました。

やはり問題は佐賀空港まで(から)のアクセスですが、飛行機の時間に合わせて佐賀駅からバスが出てますし、何日泊めても駐車場無料なので以外と利便性は高いです。

期間限定ですが、佐賀空港利用者限定で48時間千円からレンタカーを借りることができますよ♪

肝心の搭乗率ですが平日にも関わらず往復ともほぼ満席でした。
このままの搭乗率が続いてくれることを願います。

セールを駆使すれば安く九州や東京を観光することができるし便利!
僕もまたセールに挑んでSpring Japanを利用してみます!

では、今日はこの辺で。

コメントを残す